ページトップへ
0466-44-0134
  1. HOME
  2. 靴と足のあれこれ
  3. こどもの足と靴

こどもの足と靴

【健康な体(足)は、こどもの未来へのプレゼント】
・・・足にあった靴を履いて、よく遊ぶことが良い足を育みます・・・

子どもの足・・・生まれてから形成される

生まれたての赤ちゃんの足は、柔らかくまだ大人の足になる準備をしています。
赤ちゃんの足は軟骨で出来ていて、成長につれ骨に変わっていきます。これを「骨化」といいます。 
成長につれ大人の足に変わってく「骨化」が終わるのは男の子で18歳位、女の子で16歳位です。
この時期は子供の成長にとって大切な時期です。
年に2~3回足のサイズを測り、足にあった靴を履かしてください。

子どもの足の成長

(成長は個人差があります)

BABY/赤ちゃん(0歳から満2歳頃まで)
年間約15~20mm成長します。
歩き始めるための準備期間から少しヨチヨチ歩きを始めます
INFANT/幼児(2歳から3歳まで)
年間約14mm成長します
ヨチヨチ歩きから一人で歩き始めます外歩きを始めます。
CHILD/小学校前の子供
年間平均約8~10mm成長します。
アーチが発達する大事な時期で、走る、飛ぶ、投げるなどの運動が多くなります。
JUNIOR/小学生以上
年間平均約8~10mm成長します。
大人の足に近づき、大人の動作に近い動きをします
(平均的な数値です、個人差があります)

良い靴とは

『しっかり立て、歩くことをサポート、足の成長を育んでくれる』
・・・足を支え、安定させ、足の機能を引き出してくれる・・・

足にあった靴を選ぼう

正しい子供の足のサイズを知る
足を測ると自分の思っていたサイズと、実際のサイズが違うことが良くあります。
足長、足囲(親指と小指の付け根部分の円周) 、足幅を知ってください
足の形状と寸法に近い靴は足を優しく包んで、足の機能を引き出してくれます。
靴の踵がしっかりしている
靴の踵がしっかりしていて、足の踵に近いと足の踵を包むように支えて、足の安定を図ってくれます。
爪先に余裕があること(専門用語で捨て寸と言います)
指が動きやすいように爪先に余裕寸法、高(指高)さが必要です。
靴の余裕(指先のあまり)寸法が必要な理由!
・靴の中で足趾が前に移動するために必要
足に体重をかけると、足のアーチが低くなり足長が伸びる。
・歩くときに靴の中で足が滑る
(必要な余裕寸法 3歳以下は10mm~12mm 3歳以上は14mm~15mmは必要と言われています。)
ブカブカの靴を選ばない
日本は、玄関先で脱ぎ履きをするので、ブカブカの靴を選ぶことが多いようですが、
ブカブカの靴を履くと、靴の中で足が動いてしまうために、指先で踏ん張ろうとして、
ハンマートウなど、足のトラブルを起こす原因を作ってしまうことがおおいようです。
靴の曲がる部分と、足の曲がる部分が近いこと
足の指の付け根の曲がる部分と、靴の曲がる部分が近くないと、
足が前に滑ったり、踵がパカパカしたりするので、
足が動かないように指先で踏ん張ろうとしてハンマートウ、アーチの低下などの原因になることがあります
トウスプリングが適度にある
子供の足は大人の足の機能を獲得していないので、つまずいたり転倒したりしやすいので適度な指先の反りが必要です。
用途に合った靴を選ぶ
日常履くには、バスケットシューズやテニスシューズのように指先が丸くなっていて、
指先を使う靴を選んでいただくと良いでしょう。
走ったりするには、爪先が反り上がりローリングするジョギングシューズが直進性に優れています。
靴の特徴を理解し履き分けていただきたいです。

足の豆知識

足囲
親指と小指の付け根部分の円周で、靴では“E”で表示されています。
良く“3E”とか “4E”幅が広いと言われていますが、幅の表示ではありません。
(ちなみに、女性の方が合った靴を選ぼうとしたら一番多いのが“E”つぎに“D” “2E”の順番です。
市販されている靴は“2E” “3E” “4E”がほとんどです。)
足が細い人は、合った長さの靴を選ぶと、ブカブカしてしまうので小さいサイズの靴を選ぶことがおおいようで、
足のトラブルの原因になっています。
アーチ(土踏まず)
赤ちゃん足にはアーチがありますがプクプクして見えません。
成長につれよりしっかりしたアーチを形成してゆきます。
足の特徴を知ろう
・全体に細い足
・前足部が細くて踵が大きい
・前足部が大きくて踵が小さい
・全体に大きい

足を測ろう!

まず素足になろう